「歯科医院」と一致するもの

八女市・古民家再生歯科医院

ご無沙汰しております。前回から三カ月・・・。「書かねば」と思いつつもきっかけが無いとブログを書けないようになってしまいましたorz
ですが、今日は福岡から来客がありましたのでその事をば。

数日前の昼休憩時間、スタッフが内線電話で「ウチの歯科医院を見学させていただけないかという方からお電話です。」と!?

「私、福岡で歯科を開業している者ですが、近々改装予定でありまして。ZOOM UP!を見たのですが、
本院も古い家なので石井先生がされた古民家再生の歯科医院を参考にさせていただけないでしょうか?」と。
古い建物が大好きな私としては二つ返事で引き受けました。

記念撮影13.08.JPG
それで本日遠路福岡県八女市から石橋先生がいらっしゃいまして、(ウチの子の邪魔が入りつつも)できるだけアドバイスさせていただきました。








図面.JPG古民家スタイル.JPG
本院の図面や参考図書を開きつつ、こうすれば良いですよとかこうしとけば良かったかもですと。








解体中.jpg解体中2.jpg
本院解体中の写真なども見てもらいましたが、改めて見かえすと中々大変だったなと(でも楽しかったですよ)。

※左写真は現診療室部の一コマですが、当時の建物は柱が束石という一回り大きい石に乗っかっているだけ!結構なボリュームの構造物をこれだけで支えていたなと驚きです。




このような工法は「免震」として機能し、大きな揺れの際柱(束)が滑って建物へのエネルギーを散らすとする説も。こちら篠山も阪神淡路大震災では震度5を記録したそうですが、当時築80年のこの建物が倒壊していないということはうなずける点もあります。

石橋歯科医院は築120年だそうで、市の保存建築物にも指定されているという立派なもの!
完成した暁にはぜひ見学させて下さいね。



閏年

熾火.jpgご無沙汰しております。本日、2012年2月29日(水)は東京でも数センチの積雪となるなどこの冬最後の寒さとなりました。

?私は熾火の前で今シーズン最後の薪ストーブライフを名残惜しんでおります。

(今シーズンの薪は枯渇しました・・・薪に使える原木募集中?)

 

 

さて、2月に29日があるということは今年は閏年です。夏には平和の祭典オリンピックもありますが、36年前に生を受けた私が年男となる年でもあります。

「ん、ということは36年前も閏年か?」と調べてみますと十二支と閏年のリンクなるものがあり、そのとおりでした。

十二支では「子」「辰」「申」のみが閏年と一致し、なんだか得した気分!?

 

さて、先日歯科の講演を拝聴してきましたが、演者の先生は御歳72歳(私の年齢の丁度倍)!!

歯根破折(歯の根にヒビが入るか完全に割れる)修復の第一人者であり、一般的には歯根破折→抜歯となるのですが、提示された症例では信じがたい予後良好な症例を見てきました。

歯科医院の院長は代替わりされたそうですが、今でも現役で仕事をされているそうで「こんな愉しいことやめられない」と!

バリバリ現役世代のはずの私などは、仕事の第一線から退く「リタイヤ」を夢見ているのですが(趣味等に没頭したいので(;^_^A)・・・。

 

歯科業界は「冬の時代」と言われており、先日のクローズアップ現代(NHK)でもインプラントのトラブルなどがとりあげられ歯科医療の問題が浮き彫りにされていました。

しかし、演者の先生は「残存歯が多いほど痴呆の発生が少ないことは研究で明らかであり、われわれが必死に天然歯を保存することは超高齢化時代をむかえる日本にとってとても意味がある。皆さんも胸を張って仕事をしてください!」とおっしゃていました。

先日の少子高齢化の推計で、50年後は私ら団塊ジュニアが現役世代に1対1で支えられているイメージ図が出ていましたが、若け~もんのお世話になりっぱなしに成らないこの先生のような「生涯現役」も素敵だなと感じました。

 

でも、「リタイヤ」の響きも捨てがたい・・・。

ヒロデン

DSCF2707.JPG皆さまこんにちは。

先週は一日休診させていただき、

?こちら方面に出向いておりました。

 

 

 

 

DSCF2740.JPGその行きついた処はこちら『ヒロデンタルオフィス』(以下ヒロデン)!!

←入口内側(すみません、外観写真撮り忘れですのでオフィシャルホームページをどうぞ)

 

 

 

 

目的は『診療見学』です!

なぜ診療見学?と思われるかもしれませんが、それはヒロデンに最新の医療機器『CT』が入ったから!

・・・ではありません。

私らの行う医療、特に歯科治療は「この病態にはコレ」といった画一的なものはなく患者さんとのコミニュケーション成立からはじまり、その方の環境から最も妥当な方針を選択するといった中々困難なJOBです。

そんなコミュニケーションを最も大切にし、加えて最新の設備で連日予約の取りづらい歯科医院となっているヒロデンは私の大学時代の友人山本君が院長をしております。

私よりも数年早く開業し、同級生の間では「カリスマ」ともなっている彼の生の診療を見るべく名古屋のおとなり岡崎まで。

   

DSCF2715.JPGCT含め最新の機器導入もDSCF2725.JPGさることながら、きびきび働くスタッフの患者さんへの配慮等見習うところがたくさんありました。

 

 

 

 

DSCF2716.JPGこちらは私のCT画像。 如何でしょうか?矢印に示しますように「エラ」がよく張っております。

 

 

 

 

現在歯科界では「CT」「CAD/CAM:コンピュータで冠を作製」「マイクロスコープ:手術用顕微鏡」が三種の神器と言われておりますが、ヒロデンには前の二つが導入済み!!・・・・うらやましい。

DSCF2739.JPG最後に二人で仲良くパチリ。

如何でしょうか?山本院長のこの貫禄!(注)

 

(注:山本君はたしか私より数日年下・・・)

 

 

そんなこんなで!?いつも薪ストーブのことばかり考えている訳ではありませんというところをお示しできたかと思います。

 

でも次回は、山本君夫妻が欲しがっているということでもあり(こちらも自慢するべく)、「薪ストーブに欠かせないアイテム紹介」でお会いしましょう(笑)。

 

山本さん、この度は「サンキュウね」。

 

コンビニの数より多い・・・

この題名でピンとくる方は多いはず。

皆様こんばんは。月一度の日記ですので(汗)、今日は綴る予定なかったのですが、

Yahoo!のトップページに本題をサブタイトルに歯科のことがトピックスとして紹介されていましたので。

こちらリンクにぜひどうぞ。

     ↓

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100825-00000001-president-bus_all

 

・・・如何でしたでしょうか?

ここまで切迫していることを歯科関係でない一般の方はご存じでしたでしょうか。

記事内の山崎拓哉氏(仮名)の家庭内はともかく、歯科医院をとりまく実態の説明に大きな間違いはないと思います。

 

以前にも保険診療についてをちらっと書きましたが、現在の保険診療報酬額(厚生労働省の一存)は大部分納得いきません。

例えば、大臼歯(奥歯)に虫歯が進行して歯の神経(歯髄)まで感染した場合、歯髄を除去して無菌的なお薬を詰めるという処置:歯の根の治療、神経の治療。

回数にもよりますがおおよそ9,500円(日本)。

 

日本の物価の1/5程度といわれるフィリピンでは平均70,000円!

国民皆保険がなく医療費が恐ろしく高いアメリカですと平均180,000円!!

 

でも日本では保険のお陰?で9,500円です。

「なんでそんなにすんだ、ぼったくりか!?一万円ももらえるなら文句ないでしょ?」と思われるかもしれませんが、歯の根の治療は非常に難しく、器具の消毒滅菌の人件費諸々からすれば割には・・・。

以前外国の患者さんを診療した経験があります。日本へ稼ぎに来られた青年でしたが、小さな虫歯が気になり来られました。ブラッシング状況はといいますと・・・・。

磨き残しが細菌の塊となったプラークが全く付いていません!

しかし、大臼歯は・・・すでにありません。

虫歯の治療、あるいは根の治療が高額で御国では「抜歯」となったのかもしれません。

おとなり韓国では「抜歯」のみ保険適応だそうで、歯医者さんがお医者さんを抜いて一番人気だそうです。

 

日本でも「すべて保険外診療」を掲げる先生が増えつつあります。「きちんとしたことを、適正報酬で行うにはこうするしかない」との理由で。前にも書きましたが私は否定しません。

 

しかし!以前読んだ、「明治頃の歯科治療受診はお金持ちにのみ可能なことだった」とか

あるいは時代劇でたまに見る「薬代が払えないで咳きこむおとっつぁんを娘がなだめるシーン」をおもいだしつつ、

お金のない人は治療が受けられない、あるいは歯が残せないというような時代が来るのか?ということを危惧しております。

 

 

なにが言いたいかと申しますと、現在の診療報酬額は適正額ではありません(中には材料費に対して原価割れした点数設定もざらにあります)。しかし多くの先生が「医療の心」を信じ日々保険で診療しております・・。

 

天下のYahoo!に歯科の実情が取り上げられたことが嬉しくもあり、愚痴ってみました。

 

さぁ、これから丑三つ時まで技工(模型製作・義歯修理等)です。

ワーキングで忙しいのはともかくPoorなのはちょっと・・。

 

 

 

 

 

 

月壱日記

ご無沙汰しております.本ブログの名称を今回のタイトルにしては!?

とのお声も聞こえてきそうですが,7月度の戯言を・・.

 

昨日は午後休診でしたので,神戸の方へ.

何をしに行ったかと申しますと,「人間ドック」.勤務時代は集団健診が年一回ありましたが,

現在の身分は自己責任で自己管理.

 

神戸元町駅前にある雑居ビルにその人間ドックセンターがあり,ワンフロアを占有していました.

上質な空間で丁寧なスタッフの方々が手際よく各検査コーナーへ誘導してくれます.

初めての経験でしたが「バリウム」も美味しくいただき,30~40分ですべて終わりました.

 

血液等検査結果は後日ですが,大きな異常は無い様でホッと一安心.

歯科医師会による助成があるので自己負担は大したことありませんが,基準額は結構します・・.

 

でも!多少の負担(金額や時間的)は,健康維持や疾病早期発見のためには致し方ないと考えるほうです.

 

その観点から言いますと,歯科医院へも何もなくとも定期的に来ていただきたいと思っています.神経や歯を抜くたび,(もう少し早く来ていただいていたら・・)と思うことも常々です.

「トマトが赤くなると医者が青くなる」というのを聞かれたことがあるかと思いますが,私はこの諺が昔から嫌いです.

ユーモアなんでしょうが,なんか病気をクイモノにしているようで・・.

 

なにが言いたいかと申しますと,大切なのは「予防」です.医療者は,疾病にしないようサポートすることが一番大事で,疾病になられた方にはできるだけのことをするのがあるべき姿だと信じています.

 

歯科 石井医院はトマト農園経営の傍らお医者をやっているような?歯科医院でありたいと思います・・・.

 

 

月ichiの分際で偉そうことを言っておりますが,ブラリ元町の一コマを.

高架下.jpg

三宮から神戸駅までの高架下にズラリと並ぶ店舗(注:アヤシゲなお店も含む).

この雰囲気が好きで高校生頃からよく行きました.

 

 

 

 

 

 

 

雑貨.jpg

華やかな「三宮」から「元町」→「神戸」に行くに従いアヤシさがどんどん倍増!

(これをお買い求めになる方は???)というものまで何にでも値札が付いている雑貨屋さん.

 

 

 

 

レンセイ.jpg

レンセイ2.jpg

知る人ぞ知る名店,レンセイ製菓.

高齢とお見受けするご夫婦が作る昔なつかしいクッキーは昭和時代へタイムスリップ.

 

 

 

 

 

 

 

来々亭.jpg

ちょっと小奇麗に改装されてしまって幾分残念な「来々亭」は変わらぬ味で一安心.

3畳ほどの厨房兼カウンターの空間ではオヤッさんが,

「はい,お水・・・飲み放題(ニコリ)」

 

「へい,ラーチャン(ラーメン・チャーハンセット)お待ち!!このにんにく醤油入れな.うまいでぇ・・・臭いけど・・・クサイけどめちゃうまい!」と(汗).

 

お勘定のときは「おおきに.ほな750萬円(ニコリ)」

『じゃ,じゃぁ壱千萬円(1,000円)で』というやり取りをしなければなりませんが味は最高!

 

皆様もモトコー(元町高架下)にお越しの際はぜひお立ち寄りください.

 

ドックでMETABO予備軍を指摘されながらも欲望に勝てずラーチャンをオーダーした院長より

 

1周年・・・。

ご無沙汰しております。

さきほど日付も変わり、平成22年4月1日 新年度スタート。

タイトルにありますように「歯科 石井医院」は開院してちょうど1年が経ちました(忘れる能力に長けている私としましては4月のイッピが開業日というのは有難い・笑)。

 

1年という期間はあっという間だったと言えばそうですし、いろいろあって長くもあったかなぁとも!?

振り返ってみると・・・、ぜんぜん自分はマダマダなんだと(医院のブログにこう書くのも何ですが)。診療におけるその時そのときは、自分ができる最良のことをしたいと考え行っていますが、後になって「あの方法以外なかったのか?」「あの治療方法が最善で、ご本人が本当に希望されたことだったのか?」と。

 

国家試験も合格しない学生の分際で、臨床実習中に「世の開業医さんの治療はひどいな!こんなのは医療じゃない。」と勝手に決めつけ、「卒業したら大学病院でキチンとした診療技術を身につける!!」でした(実際はそんなことありません。大学病院に残らずとも開業医院で見事な診療をされている先生はたくさんいます)。

そんな進路の決め方をしたおかげで!?10年近くを母校の大学病院で臨床させていただきました。その診療スタイルはというと、見学する学生への教育も条件であり診療時間は余裕をもって(平均一人1~1.5時間)、良質な材料でも確実な方法を選択するためにはいとわない(採算度外視)、という感じでした。

そんなスタイルで長く診療してきたため、一般開業医のある程度多くの人数を保険診療報酬に見合った方法や材料で診るというスタイルには最初かなり戸惑いました。現在も慣れたとは言えませんが・・。

 

先ほど古館さんのニュース番組で明日からの診療報酬改定(値上げ)を医科を話題に取り上げていましたが、歯科も改定(値上げ)しました。値上げしたとは言え雀の涙ほど・・。

歯科医療の現状は保険診療中心と自費診療中心(あるいは自費診療のみ)に二極化して行くといわれます。「歯科」とググれば大量の歯科医院情報が検索されますが、その中には自費診療のみの先生も散見され色々と書かれています。

ex) 「画一的な保険診療では必要最低限のことしか行えず、適正な治療が行えない」とか。

 

晴れて歯科医師免許を取得して臨床研修医となったころ、同期が『ウチの叔父さん自費診療のみだよ』と聞いたとき「ひどいな。金儲け主義か」と心のなかで思ったものでした。

しかし、ex) の先生も『叔父さん』も今となっては理解はできます・・。

 

でも、先の古館さんの中で「医療費の窓口負担増は困ります、年金生活なので・・」とおっしゃられていたような高齢者が多くおられることも事実です。

 

今後私はフレキシブルに対応していきたと考えておりますが、このような苦悩もありタイトルに「・・・」を付しています。

 

長々と駄文におつきあいありがとうございました。新年度も「歯科 石井医院」をよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

LEDライト

ご無沙汰しております.日々綴りたいなと思うことはあるのですが,ストーブへ薪足しに行ってそのままウトウト・・.今日はウトウトから脱出できましたのでちょっと書いてみます.

本日ご紹介するのは!?主にLEDを用いたライト,以前コレクターであることをちらっと.

ゼブラ.JPG

最近は購入していなかったのですが,このスタイルが気に入り海外からの通販でお取り寄せしました.一つ目小僧のようなデザインが可愛らしく思います.

ZEBRAライトというちょっと変わったライトをデザインするメーカーで,これはいわゆる「ヘッドライト」です.ヘッドライトと言えばキャンプや夜釣りなどで両手が使えて・・ということですが,私は室内での使用目的です(笑).リビングの雰囲気重視で選んだ照明は眼に厳しく,ちょっと読書すると疲れます.副院長に経理相談し,『最新の歯科医療を学ぶために必要!』との嘆願でOKがでました(涙).

 

E1e.JPG お次はLEDライトの世界にはまったきっかけとなったフラッシュライト,SURE FIRE

最初は診療用拡大鏡にこれをくくりつけて光源にならないかとトライしてみました.かなり小型のライトで照度は十分だったのですが,さすがにミリタリー仕様.質実剛健なボディは頸部筋を負担し,数分で「こりゃ駄目だ」と.

しかしこの10センチにも満たないサイズでありながら,とても直視できない眩しさがライト界への入り口となりました.

 

壱式.JPG

ステンレス.JPG

お次は「壱式」.

左はマーブル模様にアルマイト処理をした「スプラッシュアナダイズド」.右は手垢をよせ付けない「ステンレス仕様」

 

 

 

これを見て『おっ!!』と声を出された方はかなりのライトマニア.そのスジでは超有名で海外勢からも憧れのライトです.商品として開発されたものではなく一個人が1からデザインしたフルスクラッチです.金属棒を旋盤(せんばん)という単純な切削機械で削ったものですが,そのプロポーションと個数の少なさから伝説化!?しています.製作者のカトキチさんのセンスもさることながら,この壱式が人気の理由はその「精度」にあると思います.壱式は数種あり,製作時期も数年あったと思いますが,内部の細かなパーツも含めてすべて互換性があります.上の二つも時期的には離れて作られていますが,ネジ部品が吸い付くような感触で交換可能です.コンピュータ制御された最新のマシンなら当たり前ですが,これが人の手仕事だからスゴイのであります!仕事柄(ここは歯科医院のブログでしたorz)このような緻密なクオリティには憧れてしまいます.

そんなカトキチさんとは壱式がご縁で診療用ライトの相談をしました(やっと歯科の話題になりました・汗).

OR.jpg

前出のSURE FIREの先端部分を自分で加工して,拡大鏡に付けるまではたどり着いたのですが,先端部分だけとは言えまだ重い・・.

それでカトキチさんにお願いして,軽くするため旋盤加工により極力アルミを削いでほしいと依頼したところ・・.

 

 

 

KA.jpg 「あんまり綺麗に削れなかったし,ほとんど軽くならなかったので・・」

とのことでジュラコンという軽い樹脂をワンオフで削りだして作ってくれました.

やはり拘りのヒトは違います.

 

 

 

SA1.jpg

SA2.jpg

そんな拘りを真似すべく,サージテルという拡大鏡のトップブランドのフィラメント電球を旋盤加工でLED化してみました(部品費用は5,000円ほど).

なんとか成功しましたが,旋盤加工の精度はダメ駄目です.加工やり直しや最新の高照度,高演出LEDに交換したいところですが,知人依頼品でしたので現在は手元ありません・・・.

 

歯科ではこのような拡大鏡や顕微鏡が花盛りです.現在の歯科界が変わりつつあるのでは?と思います.虫歯の洪水と言われた時代,多くの患者さんを早くはやく診るというスタイルから,じっくりより確実にと.わたしはそちらを望みます.

そんなこんなで,今日も歯科とは関係なさそうな話題からDentalな話題に終着しました(笑).

次回はもうちょっと歯科よりなものにしていきます・・.それでは皆様よい週末を.

 

 

本HP本格始動!!

ご無沙汰しております。

薪ストーブをシリーズ化すると言いつつ例のごとく滞っており・・。

ストーブネタはまたおいおいとさせていただくとして、タイトルにありますように本ホームページ・HPが本日更新されました(祝)!

構想から早幾有余年!? 開業数年前から「自分の医院のHPはこんな感じが好いな」とこちらのサイトをのぞいておりました。

その管理者タビエルさんがHP製作業をされていることを偶然知り、ダメもとで掛け合ったところ快諾をいただいたのは以前ちらりと(わたくし自分のしたいことには結構積極的かも・・)。

ブログをチェックしてくださっている皆様、「HPは一向に更新されないから見ないや」とおっしゃらずぜひぜひご覧ください。

→ 丹波篠山 歯科石井医院

如何でしょうか? タビエルさんに頑張っていただきまして、自医院のHPながらとてもよい感じだと自負しております。

しかしながら、診療におけるスタンスや自分が医師として成さねばならぬ事、なにより来院された方々に何を貢献できるのか。。など、まだまだ伝えきれていないところがあり未・完成ではあります。

おいおいと作りこんでゆきたいと思いますので、気長に見守っていただければ幸甚です。

 

タビエルさんブログにも本医院HPの製作のことが少し(すみません今日気づきました・・)。

温泉、旅行、食べものがお好きな方は是非ご覧ください、写真のセンス抜群ですから。

 

それでは皆様、寒くなりますゆえご自愛ください。

次回は「薪ストーブ」の回でお会いしませう(歯科医院のブログでは???)。

 

 

ホームページ更新!?

皆様お久しぶりです.

今日はタイトルにありますように,一向に更新されない本ホームページ・HP(ブログも・・)の問題を解決するため,遠路北陸から製作者の方にお越しいただきました.

更新されない理由としまして,私の多忙の・・・.すみません,そこまで忙しいということはないのですが,ついついまた今度で・・,と先送りにしてしまっておりました(汗).HPの製作者はツウの間では有名な!?タビエルさんというお方.この方のお作りになるHPの感じが好きで,ぜんぜん土俵違いの「歯科医院のHP作製」というお仕事を依頼しております.あらためて感謝いたしますm(_ _)m

今日はメインページに使う屋外での写真撮影も行う予定だったのですが,朝からドシャ降り・・.雲は厚く,いつもの雨の日よりも一際暗く外を眺めながらほぼ諦めていました.

ところが!タビエルさんが到着して間もなく・・,突然の晴れ(神がかり的な何かを感じたような)!!

その晴れ間の一瞬を撮った写真がメインページになる予定ですので乞うご期待!?

 

 

打ち合わせも順調に進み,タビエルさんお気に入りの蕎麦屋さん「〇会庵」をご一緒しました.

茅葺.JPG

 

 

 

 

 

如何でしょうか,この佇まい!日本の美を感じます.

外観もさることながら,ここは知る人ぞ知る隠れた迷店です.なぜ「迷店」なのかと申しますと,店の近くの道路ましてや建物にさえ看板はありません・・.完全に近くの民家と溶け合っています.それでも休日などは他県ナンバーの車でいっぱいだそうです.今日も「和泉」ナンバーのベームベー(BMW)のお客様がお越しになっておられました.

そば.JPG

 

 

 

 

 

店主さんこだわりのお蕎麦,たいへん美味でありました.ご馳走様でした.

 

そのような訳で!?近日中にHPが更新され,本医院のコンセプトや皆さまにお伝えしたいことが掲載できると思いますので,もう暫くお待ちください.

 

来訪者

皆様ご無沙汰しております.タイトルにありますように,本日お客様が見えました.

大学からの友人であり,愛知県で歯科医院を開業して大成功している○本くんです.山○くんはご夫妻で診療しており,それも成功の秘訣かもしれません.本医院も夫婦二人体制ですのでいろいろとご教示いただきました(感謝感謝).

同伴された山本○んの奥方さまは本医院の写真をたくさんを撮られていました.もしかしたら!?と山本く○奥方のブログをチェックしましたら・・・!! ナイスな感じに「歯科 石井医院」を紹介してくれていました.写真もたくさんアップされておりますので,本医院の経過を気に掛けていただいていた方はこちらまで(他力本願です・汗).奥方のブログはセンスよく面白くてついつい読んでしまいます.私も読んで愉しいブログを綴れるようにしたいのですが,まずは「更新なし」をなくしていきたいと・・.

追記:先のブログ内に山本くん○と写った私が出てまいります.個人の特定はされていませんが,過去ログを見るとヒントが??

2